2017年04月25日

女子会開催

 昨日は、ご近所の85、90歳のお友達と女子会をしました。車中も喋り、食事をしながらも喋り、一日喋り続けました。お二人にこれは「認知症予防です」と言うと「次回は何時する」と即答でした。まだ、お二人とも大丈夫ですが「認知症になってない?すぐ忘れるので心配やわ」が口癖です。
  今朝、またまた湖南市の友から「筍を取りにお出で」と電話があり貰いに行きました。今回も大きな筍を一杯貰い大鍋で茹でました。料理好きな方におすそ分けを言うと「清ちゃん、味付けて頂戴」と言う返事です。高齢になると手間のかかる食材は面倒になるようです。夫は「ワカメと筍を炊いて」と言います。お袋の味だそうですが、スーパーに行くとカットワカメしか無く娘に探して欲しいと頼んでいました。
 丁度その頃、娘の嫁ぎ先の法事があり、お土産に干しワカメを買って来てくれました。親戚の方が認知症になられ自分の子どもが分からない様子だったそうですが、我が娘を見ると名前を言い「皆さんの食事をどうしましょう」と相談されるそうです。一生長男の嫁として、親戚が集まれば食事の用意をされ、認知症になっても「おもてなし」が頭から抜けないのでしょう。我が娘は女中さんで記憶されているようですが。
posted by kiyoko at 23:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

やっと目眩から脱出

  今週も目眩が治らず、ボランテイア団体の当て職の会議を2回も休み、やっと所属団体の会議に1つ出席出来ましたが、だらだらとした日が続いていました。寝てたら治る年齢では無い事を痛感しました。今日は、やっと楽になり、お寺のお参りをして、友人のお見舞いと「筍を取りにお出で」と言う知人の電話に喜び頂きに行きました。
 筍を湯がき、一週間分の大量の洗濯、掃除、夕飯作りと少し動き過ぎました。お見舞いに行った友人宅では、国選、市長選挙や政治の話が満載でした。凄い情報網を持っている方で、何を聞いても答えてくれて、私は、うなずくだけでした。今回の衆議院の小選挙区の区割りでは、滋賀県の定数が現状のままになった話などの裏話は知らなかったわ。
posted by kiyoko at 20:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

祭りに若い衆を集める秘策

今週は、3日間メニエル?風邪の症状の目眩かもと思いつつ寝込んでいました。目眩の辛いのは、夜です。昼間は、日常の音など気が紛れますが、深夜の目眩は不安と気持ちの悪さがさらに加わります。
 やれやれ、少しましかなと思えるようになった時、市更生保護女性会の総会日でした。平役員の仕事ですが、代わってもらえそうな方が見当たらず、総会に行きました。夫は「3日も家の事が出来無かったのに総会は行くのかよ」と言う目線でしたが、もんくを言っても行くから言わないのです。
  体調も少し良くなり、近江八幡市の八幡祭り(多数の大小の松明を燃やす火祭り)に行きました。各地域から集まる5〜6mはある松明が燃やされると近くの大木に火が移るなどのハプニングもありました。次の日は太鼓祭りです。両日、多くの若者が集まります。新興団地の方々も参加して、成り立っているようです。新興団体の若い衆は「1400年の歴史のある祭りの動員を断れない」との話をしていました。「ご縁があって住んでいる地域に協力しなあかん」と言われた団地の一人の考えが広まり、我が娘婿さんも参加です。仕事人間の婿さんが会社を休みます。娘が「家の用事で会社休んでと言っても休まんのに何でや」とぼやきます。祭りに魅力があるんや。旧住民の方達も上手く新住民を受け入れて、祭りの準備など教えています。旧住民の村意識がなく、出身地より、今、祭りに参加する人間を大事にしている効果です。歴史と文化継承は、新住民を受け入れる地域の人々の思いが必要です。
posted by kiyoko at 11:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

頑張り過ぎない

春休みが終わり、孫のお守も終わりやれやれの気持ちでしたが、我が娘は「お母さん、夏休みの事だけど」「ええ〜夏休みの子守の事をもう言うか?」「過ぎに夏休み来るよ」だって。先日、親友がメニエルで入院しました。実の両親を引き取り、両親に一つでも美味しい物を食べさせてやりたいと三食きっちりと作って規則正しい生活になり、思いが負担となりストレスが溜まっていったようです。思いだったそうです。彼女も料理は得意なのですが、頑張り過ぎたようです。この頃、ダイエットのため私もこまめに料理を作っています。今日も独居老人宅におすそ分けをしました。メインのおかずは無いのですが、野菜の煮炊きを何品も作るので喜ばれています。話をしていると独居老人の栄養のバランスがどうなっているのか心配する時があります。今以上に子どもから老人まで健康維持の食事の指導が必要になって来たと痛感しています。
posted by kiyoko at 22:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

滋賀は住みやすい

  姉は、大阪へ春休みの孫ちゃんの子守に行っています。私も近江八幡に住む孫のお守に通っています。疲れが出て肩も腰も痛みます。先日、京都のお寺に孫を連れて行きました。外国人の多い事、しかし、着物がよくにあっていました。マナーも良く、嫌な思いなどありませんでした。娘の友達の中国の方が「滋賀県は住みやすい、外国人への差別も無い」と話されていました。相撲の「モンゴルへ帰れ」は辛い話だね。
  幼稚園を転園した孫のボーイフレンドのママさんが「滋賀県は住みやすかった」と夫さんの転勤先の地域や人間性が合わないとうつになっているそうです。住み続けていると気が付かない住みやすい滋賀だったのです。人が優しいそうです。
posted by kiyoko at 21:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする