2018年04月27日

連休が始まるぞ

 明日から、連休ですが連休の準備と言うのがあります。子ども達が帰ってくるので布団を出したり、カーペットの洗濯とか忙しい事。おまけに家の裏が草がボウボウです。連休の前にすでに疲れました。
posted by kiyoko at 13:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

傷つく私

娘が、近江八幡市長選挙の手伝いに少し行く事になり、孫の子守をしていました。幼稚園のお迎えは、かつらをかぶり可愛い服を着てくる事など注文の多い事でした。食事をさせて、お風呂に入れ一緒に寝るはずでしたが、「お年寄りの臭いがする」と断られ、「ママも変な臭いがするがママと寝る」と言いました。私って年寄り臭い。と悩む夜でした。「寝るのは、やっぱしママがいい」と素直に言ったら良いのに。傷つくばあばあでした。
posted by kiyoko at 15:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

子ども食堂の課題

  自治会の回覧に向かいの天理教さんが、子ども食堂を始められる案内が入っていました。早速、地域貢献に頑張っておられる事に感心しています。子ども食堂については、所属する団体の研修や協力を求められてきました。昨日の新聞やテレビで子ども食堂の課題が報道されていました。子どもが怪我などした時の責任や補償時に対応出来る保険の費用などが課題と言われていました。子ども食堂は、貧困の問題から民間団体などへ協力を求められていますが、保険料を協力する団体や食事が与えられない保護者から保険料の負担は厳しいと思うのです。協力を求められるなら、この問題も考えて貰いたいと思うのですが。小さい資金の無い団体でも協力出来るように体制が欲しいのです。協力出来る子育て、食事作りの経験者は地域にいますので。
posted by kiyoko at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

末期癌の方の願い叶わず

毎日、桜の満開に感動です。この桜を見ずに知人が亡くなりました。夫が、他町のお住まいの高齢女性の知人の方が大変な事になっていると話しました。夫が何度も尋ねても留守でおかしいなと思っていたそうです。やっと会えたと話すと「調子が悪くて、検査したら癌の末期なの。後3カ月」と言われました。この方は、ダウン症の息子さんと二人暮らしで、残された子はどうなるのかと思うと毎日泣いていたそうです。ご近所の民生委員さんなどが動かれましたが、上手く運びませんでした。私の友人の方々も当事者に合う施設を探していました。彼女の強い思いで少しの延命が出来たのですが、間に合いませんでした。「私の生きているうちに息子が、何処の施設に入れるのか見届けたい」と言う親として当たり前の願いが叶いませんでした。これから、町福祉課は、ショートディで繋いで施設入居の空きを待つそうです。知人曰「高齢者施設は、緊急の対応は何とか」だそうですが障害者は何ともならなかったのです。これで良いのか日本の福祉と思うばかりです。
posted by kiyoko at 21:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする