2019年06月16日

息子は感謝日を知らない

父の日のプレゼントに夫には、自由時間を差し上げた。私が、風邪が治らず着いて行かなかっただけですが。きっと「寒い日だな」と言っていたのでスパー銭湯に行ったと思います。今夜は、風が冷たく寒く感じるので夏野菜のクリームシチューを作るつもりですが、文句をダラダラ言うかなと思うのです。
 昨夜は、父の日の前夜祭で安売りのお肉で、すき焼きをしました。夫は、食べる度に「何で、こんなに硬い肉買ったんや」とお怒りでした。「今晩は、父の日の前夜祭だから」と言いましたが、今夜はもっと質素です。しかし、夏野菜は、家庭菜園の新鮮野菜です。「これで、こらいて〜なあ〜」と言うつもりです。
 娘は、夫であるパパの日は節約にすると言っていましたが、朝からいない。またまた、遊びに行ったのです。若いっていいなと思うのです。夫への感謝はあるのですが、わざわざ動こうとは思わない年になりました。
 息子は、母の日も父の日も敬老の日もありません。もちろん感謝もありません。私達が、これが普通と思うようにした息子は大したもんだと思うようにしました。
posted by kiyoko at 17:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする