2019年09月23日

お彼岸法要

  この連休は、台風の影響でどこの運動会も順延が続き、どこへ行っても家族連れで一杯です。人のことは言えません。私も孫連れで出かけていました。
 今日は、お寺のお彼岸法要でお参りで、お昼お講があり、門徒はご飯を持って行きます。お寺では、当番さんが、みそ汁とお漬物を用意してくれます。今日は、この時期の基本的なみそ汁の具でした。冬瓜、子芋、トーフ、油揚げにすりごまをかけます。もう、足が痛くお参りに来られなくなった近所の方が、元気な時は「清子さん、ちょと早いけど畑から子芋を掘って来て、皮も剥いたから取りに来て」とよく電話を貰いました。
田舎の行事を教えてくれていた方が少なくなりました。昼食の後、太子講のお参りが始まります。昼食の前にお墓参りに行くと我が一族の墓の前が草だらけです。慌てて掃除をして花を供えましたが、ろうそくと線香に火が付きません。ご先祖様に「すいまへん」と手を合わし本堂に戻りました。墓の中から「もう、この子は」と言う姑さん達の声は聞こえませんでした。
posted by kiyoko at 21:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする