2020年03月12日

コロナ怖がる

今日は、孫のお守りは、休憩時間があり家の掃除や大物の洗濯、今晩の願い寺さんの月参りの準備など色々な用事が出来ました。夕方から、孫の子守りが始まります。友人より「孫の子守りざんまいの日々ですか」とメールが来ました。「はい。私はまだ体がもっていますが、知り合いのお医者さんの家族から休校により孫の子守りに疲れ切った爺婆さまたちが点滴に来てやるよ」とメールがありました。
 私の師匠より「子守りが出来る幸せを感じる事」とメールがありました。その気持ちはありますが、疲れて眠れないのです。心の準備がなかったため爺婆には堪えるのです。
 今週の末に近江八幡の左義長が開催されます。参加される知人の家庭では「パパ、コロナに感染する。皆に広まるから今年だけは、不参加して欲しい」とママの懇願は聞き入れてもらえず夫婦喧嘩になっているようです。左義長のホームページには、「疫病退散」祈願とか書いてあるよと教えてくれた友人がいます。「夫婦円満・家内安全」祈願はあるのかなと言う話になりました。無理しないで、開催日の延長が出来ないのでしょうか?
 春季高校野球も中止になりました。球児たちが、かわいそうでなりませんが、大阪・兵庫の感染が広まる今の状況では仕方がないのかなと思います。「健康・命が一番だから我慢してな」と泣きながらのインタビューに答える球児たちに届きませんが、話しかけています。
 昨日の東日本大震災の報道も見ても泣いていました。「何にもなく一日が終える喜び」と話されていた被災者の言葉が心に残ります。毎日、感謝しながらと思いつつ夫婦喧嘩は治まっていません。
posted by kiyoko at 15:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする