2020年04月29日

学力低下どうするの

昨日は、孫の子守りです。一緒にお花をいけて、一年生の復習にとドリルを使い勉強をさせましたが、完全に忘れているのもあり、二年生の新学期が不安です。今日、9月新年度の報道で良いではないか?と思ったり、今ごてごての政策の中で議論して実行できるのか?と言う慎重派の意見にもごもっともとも思いました。高校3年生だけでも9月新年度の意見は納得でき、子供たちがかわいそうです。
 今日は、一日草むしりと夏野菜の植え付けの準備をしました。腰痛・肩こりが始まっていますが、頂き物のタケノコとわかめを煮てご近所に配りました。昨日、久しぶりに出会った高齢女性さんに「タケノコを煮たので食べる」と聞くとマスクを取られ話をしようとされた時に、歯がないのに気が付きました。思わず「歯ないなあ。噛めないか」と言うと「食べれる」と答えられ大変失礼な会話となりました。今日、「おばさんのために柔らかいわかめを一杯いれて若竹煮したよ。」と失言のお詫びも兼ねて持って行きました。
posted by kiyoko at 20:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

旬の美味しいもの

自粛見舞いにと娘と孫がお菓子を持って来てくれました。通常だとデパートで並んでもなかなか買えないお菓子だそうで、今は、インターネット販売で買えるそうです。先ずは、お仏壇に供えて明日頂き事にしました。娘のお向かいさんが、私に沢山タケノコをことづけてくれました。孫がタケノコの皮を剥くのを手伝ってくれて大鍋で湯がき、明日、ご近所におすそ分けします。
 朝一に、山椒の葉と花を摘み家の裏の草わらの中の蕗を刈り取り、昆布も足して一日かかり佃煮を作りました。夜になっても山椒の棘で手がヒリヒリしています。娘は、「お母さん、教えてレシピ」と。うどとタケノコで木の芽和えを作るそうです。
 今日は、滋賀県のコロナ感染者が出なくホットしていますが、まだまだ自粛です。しかし、琵琶湖に他府県のナンバーの車が多数来ていたそうです。ドライブ行きたい気持ちは分かるのですが。娘が、滋賀のコロナ感染者の情報が、何例目の濃厚感染者と言うのが分かりにくいと新聞記事や県発表などスマホで調べて一覧表を作りました。「よくこれだけ調べて作ったな。暇だから出来たんや」と言うと「暇と違うが作った」と言い返されました。
posted by kiyoko at 22:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

末端でも国難に協力する

私の姪が、大阪府のとある市立の病院に医療事務の仕事でパートに行っています。いち早く新コロナウイルスの深刻さを知っていました。常に、滋賀の実家をあてにして子育てしていますが、今回は、勤務先の病院と話し合い自力で乗り切っています。どうしても出勤して欲しいと言われる日は、友人同士協力しあいしているそうです。姉が心配して「子供たちを預かる」と連絡しましたが、姪は「お母さん達に移すと嫌だから」と3月の休校から頑張っています。姉が「パートやで辞めて欲しい」と頼むと「今の医療現場を見ている者が辞めれん」と言ったそうです。窓口担当の日もあるらしく医療の末端の末端でも頑張る娘に姉は、食料品など送り続けています。
 先日、姉は「清ちゃん、年金暮らしの私達にも10万円貰えるの」とメールが来ました、貰えるという返事の後、直ぐに姉は、娘に送る品々を買いに行きました。国難を裾からでも応援している姉でした。
posted by kiyoko at 09:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

緊急事態を受けての行動

 娘は、緊急事態宣言が発令前に弟に「今年の連休は、五個荘の実家に帰って来たらアカンよ」とメールしていました。「ええ、それは分かるけど三番目の孫に会いたい気持ちは。赤ちゃんの時期ってすぐ終わるのですが。抱っこ出来ない悲しみは。寂しいのですが。」と思いました。
 しかし、私達の事を考えた行動の娘に「ありがとう」と答えました。娘も夫の実家には、連休に帰らないそうです。パパの実家から「帰らないで欲しい」と電話があったそうです。防災無線で「行かない、帰らせない」の放送が毎日、何度もかかるそうです。実家に帰ってくる息子夫婦に家の掃除や大物の洗濯など家事を頼みたい親にとっては「帰って来るな」は辛いのですが、緊急事態に我慢されているようです。東近江市も放送で、もっと自粛の放送を流したほうが良いのかも知れません。
 大阪から独居老人になったお母さんの世話に単身帰っている息子さんが「五個荘は良い。畑があり、息抜き出来る。大阪で、家だけの自粛はストレスがたまる。畑で体を動かせる田舎は良い」と言い続けておられるようで、畑に行くのもマスクを着けて90をとっくに過ぎたお母さんへの気遣いも感じます。
posted by kiyoko at 23:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

コロナの不安が鬱を呼ぶ

全国一斉に緊急事態宣言が発令するとの事です。仕方がない県外の車の多い事。全国一斉になるとは思っていませんでしたが。毎日、滋賀のコロナ感染者数が報道されると知人から「どこの人か調べて」と電話があります。奥さんが、病んでいるので知りたいと言う思いは分かりますが、正式に発表されるまで分からないのです。この方が、何度も電話される度に私が、鍼灸治療中であったりお疲れで寝込んでいたりと間が悪い時に連絡されてきます。私は「体の調子が悪くニュースを見ていない」とお断りしても「緒とでも早く調べて電話してくれ」と一方的です。ひょとしてコロナの不安による鬱ではないかなと思うほどです。
posted by kiyoko at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする