2020年05月06日

自粛も疲れる

昨日は、暑い日の屋外で孫とランチして、家に帰るとどっと疲れが出ました。夫は「娘の家の隙間で、何でご飯を食べなあかんのや」と言っていましたが、孫と仲良く焼き鳥を焼き楽しそうでした。娘から「子供の日だから子供の喜ぶことがしたいので、昼ご飯に来て」と招待されたのですが、お隣との1・5mぐらいの隙間に机と椅子を置くと大人は動きが取れません。一列に並び食べていると、丁度、小さい孫が動き回りお給仕の仕事にぴったりでした。孫に「よく気が付し、よく動いてくれる」と褒めていました。
 私が帰ろうとマイカーの置いてある玄関前に行くとカラフルなチョークで、「ばあばあ、おもちゃかって」と駐車場のセメントに派手に書かれていました。孫はアルバイト賃を私に請求したのです。
 今日は天気予想の雨がなかなか降らず、風も冷たく寒い日でした。草むしりに外に行ってもやる気がなく、雨の降る前にと花々を切りご近所に「自粛見舞いです」と届けていました。私も何か変化が欲しいと色々な絵皿を出しテーブルを華やかにしました。しかし、料理はマンネリですが。
 埼玉の息子から「昨日の夜に買い物に行くと子どもの日に合わせた手巻き寿司セットやパーティー料理が全く売れずに半値になっていた。自粛で、買い物も行かないみたい」とメールが来ていました。私は「始末して、半値の物を買いな。長生きする両親のために銭残しときな」とメールを返しておきましたが、無視されました。
posted by kiyoko at 23:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする