2020年09月02日

新学期の様子

  先日、小2の孫の新学期の話を聞きました。先生から「夏休みの一番楽しかった事を皆に話してください」と言われたそうです。皆は「琵琶湖に行った」「プールに行った」とそれぞれの思い出を話したそうです。我が孫の一番楽しかった事は鮒ずし漬けを手伝った事でした。琵琶湖もプールも行っていない孫は鮒ずしの手伝いしか思いだせません。しかし、皆に分かってもらえるか不安になり、赤ちゃんのいとこと遊んだ事を話したそうです。クーラーの効いた家で、ママとぐうたらぐうたらとビデオ鑑賞をしていた自粛の夏休みだったからです。可哀そうな夏休みでした。
 新学期が始まり、小学校で絵本の読み聞かせのボランティアをしている娘に一人の生徒が話をしに来ました。「いつも本を読んでくれてありがとう。来週から違う学校に行く」と別れの挨拶をしたそうです。同級生のママまで、タッチからぎゅと抱きしめる小2の男の子の思いは、転校の不安と名字が変わる不安の表れのように思います。我が孫ちゃんは家に帰り「ママ、10分私をぎゅと抱きしめて」と焼きもちを焼いたようです。
 今日は、近江八幡市役所に爆破予告があった事で、緊急時に於ける生徒を保護者に迎えに来てもらう「引き渡し」の訓練になりました。大渋滞のくちゃくちゃのようでしたが、訓練の機会にされた学校は賢い。
posted by kiyoko at 17:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする