2020年11月19日

甘い誘惑

  今日は、暑い日でした。朝は、丁寧に床拭きをしました。夫は、週一夜に書道教室に通っています。夜な夜な練習をし、筆を洗いに行く動線の後に墨を落とします。それをじじ臭く拭き取るので、廊下がうす汚くなっていたのでした。「見ろ。私が、掃除するとこんなもんだ。」と夫には言えません。言ったぐらいなら絶対に「毎日、家中を拭き掃除しいな。」と言うはずです。
 孫の宿題で「しばふ」のお習字が出ました。三文字は難しいのです。夫は「いぬ」が書きよいので教えます。孫は「じいじい。違う。しばふだ」と言います。夫は「難しいから、いぬで良い」と譲りません。ふたりの会話を聞いていると涙が出るほど面白い。心の中で「一人だけいぬの文字を持って行くのはおかしいやろう」と呟くのでした。孫は、おじいさんに必殺技を使い「しばふ」を書きあげました。必殺技は「じいじい、大好き」の甘い言葉で。
posted by kiyoko at 22:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする