2020年12月31日

コロナの終息を願い

   今年一年は、コロナ報道を見ていた事、近所に我が家の花畑の花を配り、手料理を食べてもらい自粛のお手伝いが少しは出来たと思います。新しい出会いはなく、友人の別れが多くありました。皆が集まり、喋って食べての日常に戻る事を願いながらの大晦日の夜です。皆さん、有難うございました。何事もなく終わる2020年です。良いお年をお迎えください。
posted by kiyoko at 18:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

簡単には出来ないおせち料理

  昼前に来た娘が、「明日は、大雪だ」と言い出しました。息子も同調し夫が「明日、彦根の取引先の方におせち料理を持って行くと言っていた。大雪ならどうしよう」と言い出し「直ぐにおせち料理を作れ」と言いました。「無理」と一言いいましたが、一日早くおせち料理を作り始めほぼ出来上がりました。腰が痛い。明日はお餅つきです。おせち料理の合間に掃除するという裏技で、今までに無いお正月準備です。腰が痛い。
posted by kiyoko at 22:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

年末に向かい

   あっという間にクリスマス。年末の掃除と年始の用意が始まります。今年は、掃除は早めにと思い、暖かい日にお風呂のカビ取りをしました。午前、午後の二日間、四回にわたりカビ取りのスプレーをすると奇麗になり、嬉しさに娘に報告すると「うちに来てお風呂を掃除してなあ」だって。我が家の子供たちは、小さい時から大掃除を手伝ってくれました。幼い息子は「お父さんは掃除をしないの」と不思議に思っていました。お祖父さんになっても家のことはしません。現在なら家事・子育てをしない理由で離婚になっているでしょう。お風呂掃除を見て、銭湯に一人行く夫です。
 今日、娘の家に用事で行くと娘の夫さんが、大掃除していまいた。娘は、アルバイトで疲れて昼寝中でした。良いなあ。毎日、スケジュールを書いて働いてるのに。生まれた時代が悪いのか。まあこの程度の生活で幸としよう。
 安倍ちゃんを久しぶりにテレビで見ました。責められても仕方がないよ。高飛車な答弁だったもん。菅総理は、テレビで批判されるとその時、その時、批判されている内容のコロナ対策しているなあ。日本人の清潔な国民性がなかったらと思うとゾットしますね。
posted by kiyoko at 20:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

けんしょう炎になる

  夕べ寝付いたら手首に痛みが走る。いくら大掃除を始めたとはいえ、けんしょう炎になるほど拭き掃除してない。じっと考えると生落花生を安土の朝市で買って料理しているからだと分かりました。かなづちで殻を割るのですが、多くの落花生を割っていると結構かなづちが重く辛くなるのです。後、ストーブで気長に煎ります。レンジでチンしたらよいそうですが、ストーブの前で煎り具合をにらんでいます。
 今日、けんしょう炎になってまで作ったピーナッツは、娘にあっという間に食べられ手首の痛みだけが残りました。美味しい。実に美味しいのです。生落花生は、後、二袋あるので「美味しいやろう。手間入りだから」とにこやかに言えました。
DSC_0371.JPG
posted by kiyoko at 21:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

我慢我慢の日々

  先日からの積雪の天気予報を見て、青いミニトマトと青青している大玉トマトを収穫しました。本当に一輪車がひっくり返るほどの収穫です。3本の大玉トマトは、夏に一個も収穫ならず、2本買ったミニトマトの苗は、鈴なりの実をつけて十分頂きました。おまけにミニトマトは、わき芽をさし木して大量な苗になっていました。秋ごろから成長し先日まで青い実が一杯ついていました。色ずくと家の中において置き赤くなると食べていました。酸っぱいですが。
 今日の雪で、トマトの苗木はダメになりました。自然に逆らえなかったようですが、ビニールをかけた少しのトマト苗木はどうなるか。研究です。菅首相の会食は、今はダメでしょうね。批判されても仕方がない。私だって友達と会食したいのですが、夫の顔だけを見ての食事は我慢我慢の忍耐修行です。

posted by kiyoko at 18:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする