2018年06月07日

親方日の丸の仕事ぶりか

 土曜日にパソコンを少しだけ移動させたら、電話が掛かりません。何とか直せるか考えていましたが、直りません。日曜日にケーブルテレビサービスセンターへ「電話とインターネットが繋がらない。明日で良いので見に来て欲しい。直ぐに直せる問題ですが、私では、どの配線が外れているのか分からない」と携帯で連絡しました。
  月曜日の朝には、連絡が来るはずが掛かって来ません。待ち切れず電話をすると「昨日の(私の電話の)確認をしますのでお待ち下さい」と長く待たされた揚句「担当者が、折り返し訪問時間を連絡します」と言われましたが、折り返しの電話がありませんでした。50分ほど待ちまたケーブルテレビに電話しました。「折り返しの電話が無いのです。私は、昼前の治療時間が来るので家を出ます」とひょとして、連絡なしで訪問されたらと思い連絡しました。治療中に携帯へ着信が来ていましたので、治療後、直ぐに電話をして3時から3時半に直しに行きますからと連絡が取れました。これって携帯電話が無く近所の方に借りての連絡方法なら大変な手間が要ります。
 工事の方が、すごく謝られましたが、親方日の丸の仕事ぶりか。親方日の丸の行政もここまで酷くは無いと思うのです。何故、ここまでサービスセンターが機能しなかったのか?検証してないでしょうね。「ケーブルテレビの番組も見てる人少ないなあ。」と感じていたところの出来事です。
posted by kiyoko at 21:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする