2018年08月03日

夏休みの宿題に爺婆疲れる

  酒癖の悪いおじ様が数人はいている中に女性一名の飲み会があります。何年ぶりに参加するとやはり一人のおじ様が絡んできました。夫曰く「何で行くのかな」と。しかし、過去の役職でたまには顔を出さないと思い行きました。楽しくないが、情報はかなり入ります。次回も飲み会に参加するようにと釘をさされました。楽しくない会にお金を払うのは如何なものか。
  昼間は夏休みの孫の子守です。昼食の後、能登川プールに行きます。泳げない子どもさんの特訓か?多くの方が来られています。おじいさん、おばあさん、ママ、パパ、兄弟とそれぞれの子ども達の家族がコーチです。我が家の孫も後もう少しで泳げそうです。今年の夏に、泳ぎ、自転車のり、カタカナ、絵も教えるようにとママから私達爺婆の宿題が出ています。私達は、楽しい時間です。孫は、楽しいかどうか分かりませんが、「水嫌いだったが楽しい、好きになった」と言われてホットしています。多くの宿題をさせる爺婆を嫌わないか心配だったので。
posted by kiyoko at 20:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする