2018年08月29日

夏休みが終わったぞ〜

  アニメのちびまる子の作者である さくらももこさんが、53歳の若さで亡くなりました。昔から、私の娘に実姉は「あなたのお母さんの子どもの頃は、ちびまる子そのものだった」と言っていました。私自身も認めます。夏休みの終わりごろ、丁度、今時分に夏休みの宿題を家族全員でしていました。母は、作品作り、父も工作、兄と姉は、夏休みの友の算数や国語などを頑張ってもらいました。読書感想文は、誰がしていたか、覚えていませんが。私は、家族にまかせられない「夏休みの日記」です。辛い。8月の30、31日に夏休みの初日から思い出すのです。毎年毎年、ミンミンゼミからツクツクボウシの鳴き声が始めると宿題しろ宿題しろに聞こえていました。我が子ふたりの夏休みの宿題は手伝いませんでした。我が身の反省から。
 しかし、中学校の3年になると年の離れた兄、姉は手伝ってくれません。仕方なしにひとりでしていました。もっと凄い子がいて、「清ちゃん、宿題出来た?」と聞きに来る同級生のお母さんがいました。出来た分を借りに来ます。まる写しをさせるのです。「出来の悪い私の宿題をまる写しにしたら間違いだらけでバレルよ」と言っても同級生のお母さんは、「真っ白よりまし」と借りに来られていました。
 孫の幼稚園の宿題はありませんでしたが、あまりの暑さで自転車の一人乗りと休み中にカタカナを覚えさすとママと約束していましたが、プールと後にアイス、ドーナツを食べて、孫と私は頭空っぽのままで、体重だけは増えました。
posted by kiyoko at 17:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする