2018年09月25日

ジジ、ババと孫

 二十数年前にに「このままだと日本は滅びる」と言った近所のおじちゃん(現在は立派なお爺ちゃん)が言いました。良く聞くと皆が孫を大事にし過ぎている「過保護だ」と怒るのでした。子育ての話や教育の話を聞いていた皆、納得しておじちゃんに尊敬の眼差しを送っていました。そのおじちゃんが子ども夫婦と孫達と同居になりました。ある日、夜遅くおじちゃんは、コンビニへ孫の欲しがるアイスを買いに行き、私とばったり会いました。「今頃何」と聞くとあれほど日本が滅びると熱弁していたあの方が、孫の欲しがるまま指名のアイスを買っているのです。近所の教育論者も孫には甘くなっていました。笑えません。私達夫婦も孫の運動会で、感動の涙を流し「ジジ、ババ頑張ったので何か買ってや」と言われ今晩、祝賀会を開催しましたが、食べ終わると現金も渡せと言います。恐ろしや園児よ。日本は滅びる。2千円の要求額に対し100円でお茶を濁して逃げかえるジジ、ババでした。
posted by kiyoko at 00:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする