2018年10月17日

野菜直売所の大賑わい

 土日と二日間びっしりとお寺のお参りでした。報恩講と呼ばれるお寺の大事な行事です。今年は、九州から林住職が来られ法話を二日間聞かせて貰いました。二日間の法話の途中で15分の休憩があり、休憩になると門徒の皆は、背伸びをしたり屈伸運動をして、一服のお茶が終わる頃にちゃんと自席に戻ります。法話の中にレンコンの話が出ていたので、月曜日に近江八幡市の野菜直売所のきてかーなに行き色々な野菜を買い込みました。昨日は、レンコンを鰹だしで煮ました。今日は、姉から貰った小芋とイカを煮物にしました。ご近所におすそわけをして、秋を満喫しています。近江八幡のきてかーなは、何時も一杯のお客です。地元の人の買い物も多いのです。自転車や押し車で多くの方が来られています。観光客ももちろん多いのですが、非農家の多い所での開設が市民に歓迎されています。しかし、都会の話とはゆえ行政の子育て支援の施設建設に反対の声にはニュースを見るたび心が痛みます。
posted by kiyoko at 19:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする