2018年10月24日

ひとり暮らしの悩み

  運動会のお疲れで孫は熱を出し、私はめまいに苦しみながら、孫のお守に行くと携帯に電話が入りました。独居老人の方から「今、何処」「孫の所です」と答えると「ゆっくり喋れるな。小屋が壊れた相談に乗って欲しい」と何処がどう壊れたか?息子や親せきに相談する前の相談に乗って欲しいとの事でした。高齢女性は、ある程度の考えを纏めて費用や業者の選択が聞きたいようですが、私も費用など分かりません。気軽に話しが出来る方を紹介しました。長い話の後に息子さん達と話す前の練習だったような気がします。子どもは子どもの生活で一杯が分かるので、お母さんが、如何言えば子どもが如何答えるかの練習のようです。なんてことない事を悩む方が多く、うつ病にもなる社会です。気軽に話せる所が必要で、東近江市になんでも相談課設置をして欲しいです。今、私が抱えてる相談は、問題が大きく誰に相談しようか悩んで一週間過ぎてしまいました。失敗は許されない。
posted by kiyoko at 10:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする