2018年12月28日

孫たちは、高熱がでた

 偶然にも娘の子6歳と息子の子2歳が熱を出しています。孫たちと私たちに与えられた時間の予定が全部変わってしまいました。おまけに娘は、夫の実家の年末年始の準備と元旦のお客様の接待の用意としなければならず悩んでいます。
 しかし、私は、孫の子守りから逃げられ、おせち料理を作り始めました。棒たらと子芋煮・ごまめ・黒豆から始まり、明日は、筑前煮・くわいなど11種類を作ります。数年前にご近所の独居老人の方たちと話していたら皆さん「一人前のおせち料理を作る気がしない」と出来あいのおせち料理を買っているとの事でした。毎年「手作りのおせち料理を楽しみにしている」と皆さんに褒められ調子に乗って届けています。今日も80歳の方が「清ちゃんのおせちは、私のおばあさんや母の味です。今年も用意して貰ってうれしい」と電話がありました。夫は、黒豆だけを煮てと言いますが、ご近所の方たちは、黒豆にごぼう・人参・こんにゃくも入れてほしいとリクエストがあり、小幡町の味だと夫に言っています。まあ、夫の願いも聞いて2種類の黒豆煮を作ります。問題は、掃除です。
posted by kiyoko at 19:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする