2019年03月22日

孫は誰に似たか

卒園した孫を預かりましたが、なんかおかしい。暖かい日でしたが、「寒い寒い」と言い微熱がありました。微熱で、だるいらしくおとなしかったのですが、午後からぐったりとしました。「あ〜大変だ。パパの両親が卒園と入学のお祝いに来る」孫は高熱と闘いながら電話で「熱が出てるが、会いたい来てな。じいじい、靴を買え。服を買え」とねだったそうです。誰に似たんだろうと血縁者は考えます。
 昨日は、岐阜の私の叔母の葬儀でした。いとこ会のようなものです。長い闘病生活で家族の方々に「お疲れ様」のあいさつでした。涙するのは、孫だけ。皆、疲れ切った様子でした。いとこたちは「次はだれの番だ」とひそひそ話で、同居の大変さを感じた一日でした。私の首は、ネックレスの重みに耐えられず帰ると首の調子が悪く頭痛までします。あれ!やんちゃな叔母さんは私に手招きしているのかと思いました。
 仲の良かった母の兄弟3人はあの世で再会を喜んでいるでしょう。
posted by kiyoko at 11:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする