2019年07月19日

夏休みに入るぞう。

選挙戦も終盤に入り、娘の用事で市役所に行くと期日前投票に来られる人の多い事に驚きました。我が家も全員が、期日前投票で投票は終わりました。
 今日は、娘が小1になった子どもを連れて地域の子ども食堂のボランティアに行きます。今までは、娘がボランティア活動の時は、私が幼稚園児の孫を預かっていましたが、小学生になると子ども食堂に参加できるので私のお守りの出番はなくなりました。孫の成長は。寂しい気持ちもあります。
 先日、孫が汗だくで、朝顔の植木鉢を抱えて汗だくで帰ってきました。大きい思いランドセルを背負い、つるの支柱も高い植木鉢を持って歩くのは大変だったと思います。ランドセルには、夏休みの宿題や学校の備品が入って、お祖母さんが学校に取りに行ってやりたいほどでした。
 植木鉢の話で、娘が言うのには、孫の幼稚園友達の仲良しさんの小柄な男の子は、小学校入学に合わせて引っ越しをしました。この子の学校でも朝顔の植木鉢を持ち帰らせたそうです。苦労して朝顔の鉢植えを持って帰ると違う子の植木鉢でした。ママは、偶然に間違って持ち帰った植木鉢の子供の家を知いたそうで、その子の家に謝って、返しに行ったそうです。そこから、あわてんぼうのママは偉い。次の日に「間違えないように」と子供に言って持って帰らせました。かわいそうにとママが車で学校に行かず、あわてんぼうさんに再度、苦労させる教育をしました。優秀なキャリアウーマンのママは、家の事も仕事も完璧です。子育ても厳しく指導していますが「誰に似たん」と心の声が聞こえるそうです。私は言いたい、ママの注意を聞かないことは「優秀な企業の社員よりも根性があるという事にしましょう」と。
posted by kiyoko at 11:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする