2020年11月12日

防犯カメラに犯人が写る

  小二の孫には、幼稚園からの友達でけい君がいます。ママ同士も仲良しです。けい君とママが友達から貰ったメダカを育てていました。メダカは、増えて増えて飼育を楽しんでいたそうです。しかし、先日、日ごと少なくなっていることに気が付いたようです。けい君親子の犯人探しが始まり、玄関前に設置されていた防犯カメラに犯人が写っていました。なな!なんと犯人は。親子のアライグマだったそうです。アライグマ親子は、両手を合わせてお椀の形の手にし、メダカをすくって食べていたそうです。「何と賢い、可愛い」と我が娘が言うと「大事に育てたメダカを活け造りで食べられているのに何が可愛いだ」とけい君親子は怒りましたが、我が孫と娘は「想像しただけでも可愛いアライグマ親子だ」と反論する親子だったそうです。
 また、生き物大好きなけい君親子は、春のコロナによる休校中に近所の川で大きな鮒を吊り上げました。そこに、アジア系のおじさん二人が「その魚下さい」と大きな鮒を見てハイテンションに言ってきたそうです。お腹に卵があるらしいぼってりと肥えた鮒をあげると草で上手に縄を編みえらから通してぶら下げて帰ったそうです。その人たちの帰り道には、鮒の卵が続いていたそうで、けい君ママは「鮒は驚いて流産したんや」と言い、その話を聞いた我が娘は「出産だ」と。しかし、けい君ママは、あくまでも流産説を唱えたそうです。
posted by kiyoko at 21:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする