2020年03月04日

休校に耐えられるか

  休校が始まり3日が過ぎました。私は、ひとりの孫を見るだけで疲れ切って、肩こり、頭痛、腰痛、のどの痛みまで出ています。今日は、特に雨で、寒く部屋に閉じこもり、ドリルやリンゴの皮むきを教えていました。たった1時間の勉強の合間に休憩時間が必要と言われてトランプ、花札をしていました。勉強が終わるとアニメのビデオ鑑賞です。子守りの合間に食事作りなど家事をします。コロナが終息するまで、子守りの高齢者の体力が持つでしょうか。暖かい日には、琵琶湖に連れて行き放し飼いにしようと決めています。
 親や保護者も学校のありがたみを感じている事でしょうが、日に日に子供も保護者もストレスがたまるでしょう。
posted by kiyoko at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

今日から休校

今日、 近江八幡の小学校に通う孫が来ました。学校があまり好きではない孫が、本来なら今日、6年生を送る会があったそうです。扁桃腺の熱が下がったら直ぐに練習に行くと気合が入っていただけに休校はかわいそうです。何より6年生が思いでが作れず何とか日延べしてでも思いで作りができないのか?と思うばかりです。
 私もドリルを買い勉強できる準備は万全ですが、我が家には遊びに来ています。娘の友達は「毎日の子供の面倒が辛い。学童保育に行かすつもり」と娘に連絡が何人もありました。
 しかし、小学校から、どんどんと保護者にメールが入ります。「学童保育は一杯になり、出来る限り家庭でお願いしたい。」との連絡です。先生たちの教育現場でも大変な作業をされているようです。夫は「家庭にいるのが本当だ」と言います。「一人二人ならまだ家にいても我慢が出来るが」と反論していましたが、やんちゃざかりの一人っ子のママは「仕事は休める体制だが、嫌だ」と嘆いています。誰もこの一人っ子を「我が家においで」と言わないのです。
 能登川の学校近くの方が「子供が学校に来てる」と娘にメールが入りました。「市町によって違う」と返事したそうです。どれが良いのか?分からないのです。
 豪華客船の陰性の人の下船後は、自宅まで公共交通を使用させた問題になっています。私が思うには、日本人や在住者の場合は各都道府県に港まで向かいに来てもらう。費用は、国が持つというのは如何でしょうか。バスなり、完全武装した医療関係者も入り迎えに行く。小型チャーター機を使うなどすれば、陰性でも自宅待機が重く受け止められるでしょう。自宅帰還後も食料なども届けて、少しでも拡散しない協力をする。出来る限り家にいて貰うような環境を作る。どうでしょうか。
posted by kiyoko at 20:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月29日

右往左往をした週

 先週の始め頃に孫が、扁桃腺の熱でお医者さんに行くと「新コロナウイルスの疑いの方は診療をお断りします。東近江保健所に電話相談をしてください」と張り紙がありました。赤ちゃんの時から診て貰っているのに何か悲しさを感じたと娘の話でした。
 「先生、いつもの扁桃腺の熱です。薬下さい」の一言で疑いを晴らしたようです。次に娘は、「トイレットペーパーを買おうと開店前の店に人が列になって並んでやるよ。お母さんも買ったら」と連絡してきました。「あるからよい」と転送しましたが、オイルショックを思い出しました。
 今回は品物がないより、子供たちは、大事な学校行事を無くした時間がかわいそうと報道を見て嘆いています。女性も男性も活躍できる社会づくりを作成する時にこのような非常事態の対策も入れる必要があります。
 
posted by kiyoko at 15:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

介護と看護

先日、友人宅に伺うと93歳のおばあちゃんの調子が悪いとの事でした。数年前に友人は、実家の両親を滋賀県に呼び同居が始まりました。夫さんの両親は早くに亡くなっています。96歳のおじいさんは、少し認知が始まったようですが、私との会話で認知と感じた時はありません。高齢の両親の世話をしている友人が、先週から風邪の熱が出ました。娘を案じた93歳のお母さんが体調不良になってしまったのです。
 「寝てもいられん」と怒る友人に「もう、20年30年と生きやるわけでは無いから優しくしたって」と慰めました。すると友人夫婦が声をそろえて「お祖父さんは後30年は生きる」と言い切りました。健康診断で、20代の内臓?の検査数値でお医者さんが「素晴らしい」と絶賛したそうです。友人夫婦は高血圧や色々な病気を持っています。優しい友人の夫さんは、お祖父さんの長寿を喜びたいが自分たちが先に逝くという問題が出ると心配していました。
 我が孫ちゃんも扁桃腺の熱で小学校を休んでいます。娘は、学校のボランティアに行くので私が子守りです。疲れますが、友人に比べたらと思い孫のわがままに我慢です。
posted by kiyoko at 22:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

ややこしい話やな

昨夜は眠れず今朝の血圧は160ありました。夕べ、なぜスーパーの男性店員に買い物後の商品の支払いを点検されたのか?挙動不審の行動もしていないし、と考えました。レジをしていた女性店員さんが、丁寧に品物を買い物籠から出してピッピとレジを通していました。丁寧な作業が気に入らない男性店員が突然レジに入り手伝いました。つまり一つの籠のレジをふたりが打ち込みをしたのです。男性店員は、猫の砂を打ち込んでいない。先に丁寧に商品を打ち込んでバーコードにシールを張り運んでくれたので、男性店員は猫の砂の買い物がレジを通っていないと思い込み店外の私に駆け寄り、支払いの終わった砂を盗まれたと思ったので突然に点検したのでしょう。
 何処のスーパーも人件費の節約で、万引きも多いと聞きます。盗まれる損失分が商品の価格に上乗せされます。万引き防止は商品価格の低下に繋がりますが、私の高血圧になったことも知らんのです。苦情を言うべきか考えています。
 孫は昨夜から熱を出しています。「新コロナだったらどうしよう」と泣いているようで、ママ達は何時もの扁桃腺の風邪だと説明しているそうです。
posted by kiyoko at 23:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする