2020年08月30日

かんぴょう作り

   昨日、今日のニュースやライン情報を見ると安倍総理のモリカケ・桜問題などの尻拭いをして来た菅官房長官が最後の最後までの責任を取りそうな感じがします。
 私は、先日より、かんぴょう作りに励んでいました。娘に手伝ってもらい、やっと今日、出来上がりました。娘が言うのには、小学生の時から、かんぴょう作りを手伝っていたと言います。その頃は、近所のお婆さん達に聞くと何でも教えて貰えました。20数年ぶりに作ると先ず、かんぴょう栽培に失敗し1個しか出来ませんでした。次にかんぴょう剥きが探し出せません。92歳の方のお父さんの形見のかんぴょう剥きを借りてきましたが、うまく流れるような剥き方が出来ませんでした。夫曰く「昔は、売り物のように出来てたのに。何やこれ。ちぎれちぎれや」とバカにされましたが、家中、かんぴょうの良い香りがします。来年も挑戦しようと。
DSC_0268.JPGDSC_0271.JPGDSC_0272.JPGDSC_0274.JPG
posted by kiyoko at 22:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月26日

ストレス解消に

  ストレス解消に娘とふたりでランチに行きました。私のストレスの要因である夫はもちろん抜きです。緒と罪の意識から、夫の昼食に手を掛けました。
スパサラダ、鮭のムニエル・タルタルソース、青唐辛子の炒め物、古漬けきゅうり、ひじき煮でした。ランチに行くまでにお疲れがでました。
DSC_0265.JPG

posted by kiyoko at 19:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

暑い中の料理作り苦戦

  土日の天気予報は雨だったのに降りませんでした。待ちに待っていたのに大地はカラカラです。それでもご近所さんからお野菜が届きます。さぞかし水やりに苦労されているはずです。ありがたい事で感謝感謝です。
 私は、暑さ対策に、朝食後直ぐに昼・夜の煮物を作っています。今日は、冬瓜と鶏肉が入った煮物で、片栗粉を入れてとろみを付けたおつゆたっぷりにしました。汁ものの一品を作りたくないからです。作るのも配るのも暑い中ですが、感謝の気持ちで、大鍋で、ご近所さんにおすそ分けの分も煮ました。どこに持って行っても喜ばれます。煮物は、時間がかかり暑くて作る気がしないから。
 今朝は、昨晩の残りのカボチャ煮に水とコンソメを足し、ミキサーにかけて牛乳を入れ温めて、カボチャスープにしました。今晩は、フライです。青じそと梅干しを細かく切り、めんつゆを少し混ぜて豚肉二枚に挟みパン粉を付けてあげました。野菜は、おくら・ピーマン・ナス・玉ねぎもフライです。キャベツ・レタスの高騰に負けてトマトだけのサラダでした。台所は、暑くて、足首にまで汗が流れてきます。マイダーリンは、クーラーの前で信楽のたぬきのように動きません。あ〜あ。台所もクーラー入れようと。食べるのも暑い。

posted by kiyoko at 21:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

お盆に七匹の命が助かる

  お盆が終わりました。願い寺の善住寺さんのお参りは、消毒液とマスクが置かれ、本堂は、社会的距離を空けて座椅子が用意されていました。お参りの門徒は多く、おまけに熱中症対策もされいて準備は大変だったと思いました。例年なら役員が、ばら寿司等を作り本堂で皆で頂くのですが、今年は、市販のばら寿司を貰って帰る事になっていました。
 お盆が過ぎると夕方の風が違い楽になってきましたが、先日の暑い日に娘の友達が駐車場に車を置いてスーパーに入りました。買い物が終わり、車の所に帰ってくると車の下に子猫が七匹捨てられていました。獣医さんに七匹を連れて行き健康診断をして貰ったそうです。ノミもいなく健康状態は良好だったそうです。娘の友達は、子猫の身の上話が終わると娘に「一匹、子猫貰って」と頼んだそうです。娘は断り「何でも拾って来たらアカン」と友達のお母さんのように諭したそうです。どうすることも出来ず、娘の友達は、ネットで「健康診断済、健康な子猫貰って」と呼びかけました。ネット社会はすごい、ラインで広がり一日で貰い手が見つかり、それぞれ貰われて行ったそうです。
posted by kiyoko at 21:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

マダニに噛まれました

 土曜日から、息子ファミリーが帰って来ましたが、私は腰痛の治療に行き、まだ、痛みのが出るので孫は抱けませんでした。今朝、息子たちは帰りました。日曜日には、昔のお墓のある彦根の笹尾集落に行きました。県外の車があるので、村人さんが話に来られました。「県外の者お断り」と言われるのかと思いましたが「ようお参りを」と挨拶に出て来られたのでした。皆、マスクをしてルールを守っていたのが良かったのか。
 私は、山寺に登れず、10ヶ月の孫と車中にいました。「腰が治ったら草刈りと掃除に来ますので」と謝っていました。昨日、脇の下がかゆいのです。何とマダニに噛まれていたのです。緒とだけ、ハイハイで家の畑の草をむしった。これしかマダニとの遭遇は考えられません。皮膚科に行くと「めったにないのですが、6日〜2週間後に発熱や体調不良がでれば、病院に行ってください。めったにない事ですが死亡される人もある」と言われて帰って来ました。「発熱。コロナに間違えられる」と先生言い。同行してくれた息子と娘には「母はマダニで死ぬ」とお別れの挨拶もしておきました。
   
    家の中は特にマスク着用
DSC_0260.JPG
posted by kiyoko at 20:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする