2019年10月17日

台風の会話です

今日は、愛荘町(旧愛知川町)の方と台風19号の河川氾濫の話をしていました。「今回は、台風がこちらに来なかったが来ていたら愛知川河川も氾濫して浸水になっていた。」との話でしたが、この方より、我が家の方が浸水どころか家が流されていたと思うのです。お互いに早めの避難をしようと言うことになりました。何十年に一回では済まない地球環境の変化があります。豪雨に耐えられない地域に住む者たちの会話です。
posted by kiyoko at 22:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

鮒ずしと夫婦喧嘩も発酵中

今日は、空きらしい風が吹き一枚着こみました。先日より、鮒ずしの発酵が進んでいるのか?桶の水が濁ります。ふきんで桶の水替え時に桶の中をふき取ります。昨年はしなかった作業で、なぜか?は分からないのですが、重石はきつめです。どんなに目眩がしても鮒ずしのお世話はします。
 夫婦喧嘩も発酵は止まりません。夫のお世話はしていませんのが。
「もう夫婦喧嘩はやめて」と実家の姉から電話があります。気が収まるまで頑張ろうと思っているのに。「うっとしい」ほっといて欲しいのです。そんなことを思いながら裏庭のカキを取りに行くと小石につまずき思いっきりこけました。「こんな小さい石でここまでこけるか。歳だ」と感じた秋晴れの下の災難でした。
posted by kiyoko at 15:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

安全な所ってあるか?

  昨日、永源寺の知人宅で「前田さん、よくあんな愛知川の本傍で住んでるな」と言われました。台風19号の河川氾濫から出た話です。この方の家は、愛知川の崖ぶっちに建っていて、家の隣の駐車場も崖っぶちです。いつも車を停めさせてもらうのに崖に落ちないよう怖い思いをしているのです。思わず「愛知川ダム崩壊の時は、運命共同体だ」と言い返しましたが「我が家は、大丈夫」だそうです。「バケツの水をひっくり返した時、上手は水は少なく離れるほど水の量が広がる」と言うのです。
 災害は、水だけではなく地震も火災も発生します。「絶対に安全な所ってないのではなかろうか?」と思うのです。地震の時は、崖っぷちの家が危ないのではと思いましたが、安全だと過信している知人に言い返す気力がありませんでした。次の議論の時に言ってやろう。
 
posted by kiyoko at 22:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

子守り疲れ

台風19号による被災された方々にお見舞いとお悔やみを申し上げます。我が家も埼玉に住む息子とメールのやり取りに追われましたが、今朝、河川敷の会社も住まいも無事だったにホットしました。
ここ数日、めまいがひどく寝られません。そこへ、台風の被害防止に植木鉢の移動など肉体労働もありフラフラでした。今朝もめまいに苦しんでいましたが、保険屋さんが説明したいと来られ「今朝は、久しぶりの体調不良です」の連発を言ったのですが、説明が始まりました。聞いているのかいないのか分からない状態でした。
posted by kiyoko at 23:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

大型台風

 またまた、来た大型台風の影響を心配してます。世界の気候がおかしくなっています。日本は、もっと自然エネルギーの推進をすべきです。法改正で新築の場合は、太陽光パネルなどの義務化など言われていたように思うのですが、私の勘違いだったのかな。「超党派で推進すべきことでしょう。」と。
posted by kiyoko at 22:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする