2020年12月07日

温暖化に思う

  今日も暖かい日でした。12月の始めの休日は、恒例の能登川えべす講の売り出しにお茶を売りに行っていました。駅前のクリーニング屋さんの軒先を借りてお商売をさせて貰います。みぞれの日が多く寒くて震え上げます。使い捨てカイロを5〜8個ほど張り付けて靴下を何枚も履くので靴が履けず男物のスリッパをはきます。おまけにごみ袋を防寒着の下に切るのです。風を通さないように。恐ろしい格好です。年々温暖になりごみ袋は着ませんが、売り出しの後は、大風邪を引いて一週間は苦しみます。疲れてご飯が食べれません。しかし、どんなに寒くても売る出し期間は、軒先でお茶売りをしました。若いから出来たのかな。
posted by kiyoko at 17:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする