2021年03月10日

日本の義務教育は凄い

  先日、小学校にボランティアに行っている娘が気になる子がいる話をしていました。偶然、私を車に乗せて買い物に行く途中、下校する子供たちの中に気になる子を見つけて「あの子、いつもひとりで教室に入れないの」と娘が言いますが、私にはどの子か分かりませんでした。
 また、偶然が重なり、娘のママ友の友達が気になる子のお母さんでした。一緒に親子と遊んだそうです。娘は、ボランティア活動の中、気になる子を見つけて挨拶をするとその子は覚えていたそうです。その様子を見た校長先生が飛んで来て「どういう関係」と聞いたそうです。校長先生も常に気にかけていたことに娘は驚き感謝でした。
 日本語も母国語もあまり話せず、人とのコミュニケーションが取れないこともあり本人も親も苦労しているとママ友から聞いたそうです。小学校は、その子の母国語の出来る加配の先生が付いていますが、まだ馴染めない様子です。その子のママから友達になり皆が助けようと思ってくれたらいいのにと私の思いですが、きっとそうなるでしょう。子供は社会の子供だから。
posted by kiyoko at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする