2021年04月21日

集団接種の申し込みに疲れる

  コロナウイルス集団接種の申し込みが19日から始まり、インターネットや電話は、繋がりません。繋がらないと固まったスマホを持ち支所で教えてもらいましたが、繋がりません。電話も頑張りましたが、日々の用事をしながらでは、なかなか繋がらず、「もう疲れた。ワクチン接種辞めようかな」ど考えていました。しかし、娘の存在に気が付き一万円を見せて頼みましたが、「そんな気の重い仕事は嫌」と断られました。娘もちょとは手伝わないと私の復習が怖いと気が付き手伝いましたが、送信が上手く出来ません。娘は「電話で申し込みしてみよう。案外一発でかかるかも」と言うので「ありえん。お母さんがこんなに苦労しているのに一発でかかったら10万上げる」と絶対あり得んと。当然、10万円の出費はありませんでした。孫が帰ってきたので、若い手なら繋がるかもと思い操作してもらいましたが、ダメでした。
 家に帰ると飼い猫が「餌忘れてるやろう」と付きまといました。「餌、忘れていたわ」と猫に謝り、「もうちょと待ってなあ」と習慣になった予約電話をすると電話が繋がりました。録音の声ではないので「あのう、繋がったのですか。あなたは天使か」と聞いてしまいました。やっと眠れる。夜中ならインターネットが、繋がると頑張っていたから。しかし、落ち着いて考えると操作を間違って、固まっていたからかもしれませんが。65以上で何人の人がインターネットを使いこなせるんや。4つの会場まで、行けない高齢者の対応は。私は、疲れて血圧上がったわ。など一般質問の原稿が頭に浮かびました。
posted by kiyoko at 22:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする