2021年09月11日

忖度によるアルバイト賃

  昨夜から泊りがけで、小3の孫が大根、万木かぶ、ホウレン草などの種まきのアルバイトに来ました。手伝いして貰っているのか?子守りか分からない働きでした。孫は、アルバイト料の300円を受け取ると嬉しそうです。まだまだ、300円で喜んでいると思っていましたが、夫も孫にお手伝いのお願いをすると「お祖父ちゃんは5000円」と吹っ掛け、夫は呆れ顔でした。お祖母ちゃんは、お得意さんの報酬設定のようです。
 政界も総理大臣の協力支援のお願いも人によってお礼の人事の設定が変わるのでしょうね。ずばっと森友問題など解明しますとぐらい言える力のある人は現れないのでしょうか。
posted by kiyoko at 21:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする