2021年12月02日

死ぬところでした

  昨日、20年以上使っていた目覚まし時計が故障していたのにごちゃごちゃ触っていると直り,ラッキーと思いながら大掃除を始めました。
小さい私が、大着し脚立を使わず掃除をしていると頭に3キロ以上ある物が頭に直撃しました。後、30センチ高いところから落ちていたら死んでいるところでした。直ぐにシャワーで水を出し頭を冷やすのと血が出てないか確かめました。
 今日も打った頭のところが痛いのですが、それよりも心に大きな傷が出来ました。昨日、頭を怪我したと夫に言うと「あほや。あほや」と何度も高笑いしたのでした。私は「あなたが同じように頭に打撃を受けた。と聞いたら心配してお医者に行こうかと言うだろう」と話すと夫はバツが悪そうにしていました。「これだけの物が頭に直撃していたら1週間は様子を見なあかんなあ」と反省した言葉が夜にやっと夫から出ました。
 許さんが。
 今朝、「腹が痛い」と大騒ぎの夫です。「こんなもんで重症のように言わんとき」と心の中でつぶやきお粥を炊く私でした。
posted by kiyoko at 19:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする