2021年12月06日

年末門徒清掃に行く

   胃腸風邪の夫の機嫌の悪い顔を見ながら暮らして一週間近くなり、私の調子も最悪になってきました。昨日、願い寺の役員をしている夫が、お寺の年末門徒清掃に行けないと言うのでした。私は、腰の調子も悪かったのですが掃除に行きました。たいした掃除ではなかったのですが、夕方から腰が痛み出し私もが寝込んでいました。
 お寺の掃除中でも久しぶりに会う門徒同士の会話は「あそこが痛い。調子が悪い」と年齢による体の痛みや病気の話でした。掃除の場所が変わっても一人が「足が痛い。膝が痛い。」と言うと聞こえている皆は頷くのでした。「じゃあ。元気なのは誰や」となり「今日、参加の最高齢の一人暮らしの女性ではないか」と言うことになりました。
 お寺さんが、終わりのあいさつで「2年半後に南座である演劇に皆で行こう」と楽しい話が出ました。「それまで、皆さん元気で」と言われ「行きてるかな。痴呆が出てるかな」とそれぞれ思いで終わりました。この話を寝込んでいる夫に報告するには、何の観劇かあるのか思い出さないといけません。親鸞聖人さんやったかなと思いつつ今日の参加者から出る認知症のナンバー1は、私だと思うのでした。

posted by kiyoko at 10:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする