2022年09月11日

名月と月餅

   昨夜の中秋の名月は奇麗でした。今夜も見られ幸せです。今年も中国の友人から北京の有名な菓子店の月餅が送られ、友人にもお裾分けをして、美味しく食べました。昨日の夕方に娘に月餅を持って行くのに野菜とお漬物だけで、肝心な月餅を忘れました。娘は、「月餅を届けに来て忘れて来たとは」と言われ娘宅の月見団子をお孫ちゃんと食べました。孫は、運動会のダンスを披露し「運動会の練習は、とおしの一回しか出来ないの」と不安のようです。今年も奇数の学年と偶数の学年の二部制で午前中に全て終了するようです。平日で、見学者の少なくアッと言う間に終わるようですが、私にも見に来て欲しいとの事です。
 昨日から二件の頼まれごとがあり、何人もの人と話をしました。今日も同じことをしたので疲れましたが、明日は畑仕事をしたいので、夜から明日の食事を作っています。慌てて、昼食や夕飯を作るのは辛いのです。加齢によるものか持久戦の体力がありません。
 こんなお疲れの私に「株で儲かった話を聞て欲しい」と金持ちさんちの息子が来ました。損した話ではないので楽しく聞きました。今日もご近所のお金持ちさんが商売で財を成した話を聞き、お金とはある所に集まるんだと痛感し、貧困の我が家とは無縁の話を二日続けて聞く羽目に。

posted by kiyoko at 22:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする